人にぷかぷか

自分の感覚を閉じるために

最近は積極的に人と関わるようにしています。

 

特に集団に自ら入っていき、どんどん発言し仲良くなる。楽しいです。相手が自分を好きか嫌いかなんてどうでもいいことで、私自身が相手に興味を持ち話しかけ積極的に親切にする。

 

そのうち居心地の良い居場所ができて、

 

そこにある共通の感覚に入っていく。

 

やってくるたくさんの情報に

自分自身が流されないですむ。

 

人の「意識」には

ぷかぷか浮かんでいる居心地の良さがある。

温水プールに浮かんでいるように心地よい。仰向けになっている身体…耳は温かいお湯の中だから外の音は何も聞こえない。

何も聞かなくて済むし、体が楽だ。

とにかく楽なんです。

 

 

神の領域は空気で人は水だ。

 

だからどっぷり水の中に浸かっていく。

 

そしてその素晴らしさや思いやりの深さを知る。人はすごいね。助け合って生きてる。

全体からはみ出そうとするものがあっても、あっちにこっちユラユラしながらもみんなが1つにまとまっている。

 

今、分断の流れが強い。

分断の考え方は世界中を覆ってきている。

 

分断され、人は1つにまとまらず

溜まり溜まった感情が爆発していく。

私たちはそれを恐れる。結果が良くないからだ。

 

 

人にぷかぷか浮きながら

私はこれを伝え続けなければいけない。

 

今あなたの目の前の人に

親切にしてください。