色々動き出す

昨日娘が『〇〇神のところに行かないといけない』と言ってきました。毎朝の仕事の後言われたんだって。

そういうの久しぶりだね~って言ったら

(多分自粛解除が始まったから大地も動き出してる)だそうです。

 

そんな神社知らないね~って話していたのですが

検索すると言われた名前の神社がありました。

ただ神様(といわれているもの)は神社にいるのではないし、その場所はかなり遠い。規模も小さい。写真も出てこない。

 

こういう時はなぜそこに行ってそれと繋がる必要があるのかちゃんと聞いて、わからなかったらわかるようにしてもらう。

わからなかったら待つ。

今回は私も相槌打つくらいで、手助けしませんでした。巣立ちだ、巣立ち!

そうこうしていると、

大地を抑える必要があるから、ちょっとワイルドな存在に挨拶をする。抑えるっていうか整えるような感じ~。

だって!

がんばれ、娘!!

 

やってくるメッセージはとても短いです。

そこには感情が乗らないので、情報だけがやってくる、

でも普段私たちはあらゆる情報を

『感情をベースに』理解しようと生活しているし、自分もネットニュースを読むときにその癖があると思う。

注意しなくちゃ…。

 

大事なことなのに自分の感情に乗っからないと理解できなくなっちゃう危険がある。だから

 

本当に必要なことを

冷静に事実として理解するって…とっても難しいな。

そんな時は『自分を信じる』力が必要で、

そういうところを彼らは鍛えてくる。

※この場合の自分っていうのは

他からの影響を受けてない、奥の奥にある本来の自分ね、

感情の奥にある直観みたいなものね!

 

少し例えは違うかもしれないけど

タロット占いをしていて思うのは、

事実を曲解する可能性に気をつけること。

 

 

感情的になっていると

カードを使って質問の言霊を使って

現実を試すことができる。

 

でも試している時点で(信じていない)のだから、

それは上手くいかない流れに乗ることがある。

 

軌道修正するためには、パワーを自分に取り戻すこと。

外に答えはない、

カードを見て、『求めている答えが出たら信じよう』は厳しい。

 

 

『どんなことでもどんとこい!私は受け止めるよ!

そして私は前に進むんだ!!!』

 

ってファイティングポーズをとって現実に挑む。

だれがなにを言おうが関係ない。自分で自分を信じて。

そういう気持ちでカードを引くと、

めっちゃめちゃ助けになるんだ。

そういう時、タロット大好きって思う。

 

信じることは

どんなことがあっても私は大丈夫!と認める勇気。

無条件に自分で自分を認める。

誰かに認めてもらうを基礎にしちゃうと崩れてしまうから。

 

私は小学5年生の頃にやってきていたおじいさんが又ちょくちょく出てきているので、それに応じて動きます。

彼、そしてそれにかかわるものも、感情になにも訴えてこない。そして、必要なことをちゃんとやらないといけない。

 

私は変なやつだなと言う気持ちもたくさん湧いてくるし、

自己否定になりそうになることたくさんあるんだ。

 

でも、これまで彼らが伝えてきたことで

必要じゃなかったことってなかった。それは経験が教えてくる。あの時も、あの時も、ず~~っとそうだった。

でも事が起こるまでは私は否定して生きた。

 

もうしないんだ~。やってくるお知らせは私にだけじゃないってわかったし!生きてきてよかった。年を重ねるっていいね。